© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

子供の習い事に楽器演奏はお勧め?

楽器を演奏するには、楽譜を読み、左右別々の動きで指を動かし曲を奏で、出てくる音に耳を傾けます。
この、同時にいくつもの処理をする作業が、脳の活性化につながるという研究結果が、日本国内だけでなく海外でも注目されています。
この脳の活性化が、その後の学力の向上に影響を与えるという研究結果もあるそうです。
アメリカのある大学では、7歳までになんらかの楽器演奏を習うことを推奨しているのだとか。
​また、東京大学の学生の6割以上が幼い頃に楽器演奏を習った経験があるとも報告されています。

楽器の演奏は最強の脳トレ?

上でも記したように、楽器の演奏は楽譜を読んで、左右別々の指を動かし曲を奏でます。この作業が、脳の活性化につながっていますが、近年この効果が認知症予防に関係があるのではないかと注目され様々な機関で研究がなされています。
ただ指を動かすだけの体操もありますが、音楽を楽しみながらボケ防止につながれば一石二鳥ですね。
また、管楽器の演奏は、沢山の息を使うため呼吸法のトレーニングになり、心肺機能の強化も見込めるかもしれません。